【保存用】ベーシックで高品質で完全にフリーなマッサージ

人気記事ランキング

ホーム > 遺産相続 > 相続財産の預貯金や債務を調べる

相続財産の預貯金や債務を調べる

遺産の預貯金は相続開始時、つまり死亡日の残高証明書を銀行や郵便局から発行してもらいます。

残高証明書は通帳と届出印鑑をその金融機関に持参すれば数日で発行してもらうことができます。預貯金の残高だけでなく借入金の残高も載っています。

 

死亡日以降に預貯金が引き出されていても、死亡日が相続開始時ですから相続財産の範囲は死亡日の残高で考えなければなりません。しかし、葬儀費用にあてるため引き出された預貯金は相続財産からは除かれます。

 

また死亡日の前に引き出された預貯金であっても同居人が遺産隠しなど不当な目的で引き出すこともありえます。そのようなことが考えられる場合は、各金融機関に取引履歴の開示を請求すると良いでしょう。

 

取引履歴の開示は相続人の内の1人からの請求でも開示する義務があるという判例も出されていますので、大抵の金融機関で応じてもらえることと思われます。

債務(借金、買掛金、借入金、各種ローン、未払いの税金、未払いの家賃、未払いの医療費など)も相続の対象となるマイナスの財産であり、正確に把握しておくことが大切です。
もし債務がプラスの財産を大きく上回り、相続人では負担できないほどであるなら「相続放棄」の手続を行なうことも視野に入れておかねばなりません。
これらの債務を調べるのは容易ではないことが多く、故人に関係する書類を整理している時や知人の話などから判明することもあります。
借金に関しては銀行や許可を受けている貸金業者などであれば信用情報機関に開示請求を行なうことで借金残高などを知ることできます。
信用情報機関にはクレジット系、消費者金融系、銀行系、事業者金融系などいくつかの団体がありますので、当てはまりそうなところへ請求することになります。
信用情報の開示請求は相続人であれば行なうことができ、亡くなった方の除籍謄本や相続人の戸籍謄本などが必要となります。自分でする相続手続きならこちら